スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情の旋律。




『ひめゆり』は、ポップオペラである。

全編が歌で綴られる。

つまり、どの台詞にもメロディーが、ある。

溢れる感情は旋律となり、歌になる‥のがミュージカル。

だけど、この場合、

『あのさぁ‥』とか『ねぇねぇ』とかにもフレーズがあるわけ。


これは、すごいことだ。


今日は、南風原陸軍病院や、飯上げの道の稽古。

傷付いた兵士の叫びも、アメリカ兵に脅える学徒の不安も、


すべてを感情の旋律にのせて、お届けします。




写真、飯上げ帰りの、青島凛と。

見張りについた日本兵、杉野俊太郎。


ふふ。頼もしい。



スポンサーサイト

コメント


ふんぬー(笑)

わは~い♪俊太郎くんだ~♪なんかサイゴン再びな感じよ~(笑)

細かい台詞にもフレーズがあるのね~

凜さんは相変わらずおちゃめさんね♪やっぱりお笑いの血が入ってるんやろか?ほづみんのblogにもあったけど何かしらしてますもん(笑)

杉原上等兵さんは、髪まだ切らないの?なんか長いんですけど(笑)

楽しみです。

言葉にメロディがのって、メロディには感情があって
それを佐野さんがどんな風に表現するのか楽しみです。
しかもWキャストだから、それぞれの描き方があって
その違いを観るのも楽しみです。
そんなわけで楽しみがイッパイなのです。
頑張ってください(o^o^o)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。