スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充電になる。

moblog_127606e0.jpg

サムギョプサル!!!

韓国のパワーはすごい。

見習うべきパワーよ。ほんと。

食事もパンチがあるね。

というわけで、友達夫婦と食充電‥。


あんまりに美味しそうにとれたので、

めずらしく、先日の夕食をアップw


今日はね、ちゃんと観劇してきましたよ。

シスカンパニー公演『2人の夫と彼女の事情』


昨日、初日。まだまだ演ってます。

良い時間を過ごしました。

良質な演劇、ステキ。


スポンサーサイト

歌うように、飛ぶように。




はい。これティンホイッスル。

アイルランドの伝統的な民族楽器で、別名ペニーホイッスル。

1ペニーで買えるw楽器としては安価なもの。

作りも単純。プラスティックの吹き口に、ブリキのボディ・・みたいな。

誰でもね、気軽に参加できる生活に密着したものなのですよ、本来。音楽とは。

とにかく、とっつきやすいが、奥が深い楽器。良い音、鳴ります。

ちなみにタイタニックのオープニングテーマの頭のフレーズはコレ。


ちょっとまえの、東宝アカデミーの『ミス・サイゴン』試演会で、

ミュージカル座『スウィングボーイズ』でお世話になった、SAXの師匠・清水直人さんが吹いていた。

本公演でのアジアンフルートのパートを吹いていたのだけれど、これがまた素晴らしい。


まあ、あんなに天才的に吹きこなすのは清水さんだからだろうが・・。


現在、SAX楽器練の息抜きに、ぴょろぴょろと吹いています。


ぼくは、安価なものしかもっていないけど、ちゃんとしているものはちゃんとしてて。

吹かせてもらったことがあるけど、欲しくなりますw


旅のお供に、是非どうぞ。

日本で購入するのは、ちょっと手間なんですが、安いヤツなら大きな楽器屋に行けばあります。


音源でおススメなのは、とっつきやすいしケルト音楽そのものではなく、

現代音楽と融合させた、アイルランドのバンド『The Corrs』のライヴアルバム『アンプラグド』ね。

検索してください。絶品。3姉妹と兄という、4人のバンド。


シュミだなぁ、今日のブログw


まあ、たまには。

アイリッシュの神様に遭遇。


今日は、声楽のレッスンの後に吉祥寺のライヴハウスへ。

アイリッシュです。


書いたことないか・・??


好きなんです。アイルランドの音楽が。


で、今日行ってきたのは、

『パディ・キーナン初来日ライヴ』
    
説明するとですね、アイルランド音楽史上最高のアイリッシュパイプ奏者。

『アイリッシュパイプ』の神様なんですって。

説明するとですね、肘で空気を送り込み音を出す仕組みのパイプ。






まあ、とにかく聴いてみたら良いですよ。それはそれは、神様でした。

編成は、アイリッシュパイプ・フィドル・アイリッシュフルート・ギター。


最高だね。


アイルランドの音楽って何が好きかというと。

音の洪水、追憶、ループ、かがり火、人、風土、・・・単語羅列、イメージね。


でもね、間違いなく日本人に合う気がする。・・なぜだろう。


というわけで、行ってみたい。アイルランド。

もし行ったら、全14回くらいの旅日記を書くぞ。


いや、帰ってこなかったりして。


今日は、行った気になるくらいステキなライヴでした。

レッスンで歌った後だから、ステージ見ると出たくなるね。


歌もだけど、音楽を奏でたい。

あ、いいタイミングでミュージカル座で楽器の稽古だ。


よし。吹いてやれ。


このあいだも、劇団の朝レッスン参加後に楽器を吹き倒したw

しかし、やるべきサックスではなく、


ティンホイッスルを吹いていたら、レッスン生が覗きに来た。


『お祭りですか??』


『・・違います。』


まったく・・。

ティンホイッスル?


説明するとですね、


・・明日にしよう。


おやすみなさい。



ミュージカル座『ひめゆり』公演情報

01.jpg


ミュージカル座公演『ひめゆり』に出演致します♪


太平洋戦争末期の沖縄で犠牲となったひめゆり学徒隊の悲劇を、

全編歌で綴るポップ・オペラ形式の、ミュージカル座の代表作です。

ミュージカル座代表のハマナカトオルと、

『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』等の音楽監督をつとめる山口琇也とが、

使命感を持って創り上げた日本の純国産オリジナルミュージカルです。

プリンシパルキャストに、知念里奈・井料瑠美・原田優一・そして岡幸二郎を加え、5年ぶり待望の再演です。


~出演情報&チケットのお申し込みについて~

■終戦65周年記念作品 ミュージカル『ひめゆり』
作曲・編曲・音楽監督/山口琇也  脚本・作詞・演出・振付/ハマナカトオル

■2010年7月8日(木)~7月13日(火)

■上演スケジュール ※開場は開演の30分前です。

7月

 8日(木)           18:30月

 9日(金)           18:30星

10日(土) 13:30月    18:30星

11日(日) 13:30星    18:30月

12日(月)           18:30月

13日(火)           18:30星


佐野信輔は、星組『杉原上等兵』役で出演致します♪

※月組でも、様々な役で出演しております。

※本公演は、一部ダブルキャストにて上演いたします。
※出演者・出演スケジュールに変更がありました場合は、何卒悪しからずご了承ください。
※残席ある場合は、当日券を開演の1時間前より販売いたします。

■料金 S席:7,500円 A席:5,000円

■会場:シアター1010 北千住駅西口 マルイ11F

 〒120-0034東京都足立区千住3-92 TEL:03-5244-1010

■こちらのブログからのチケットのお申し込み、お問い合わせは、

私、佐野信輔が責任を持ってチケットをご用意させていただきます。

?お名前
?郵便番号・ご住所
?ご観劇日・時間
?枚数・座席種
?ご連絡先メールアドレス
?ご質問・メッセージ(あれば)

以上をご記入の上、送信して下さい。


折り返し、佐野信輔よりご連絡致します♪


携帯からしかこのブログを見れない方はメールフォーム欄がないので‥。

tasukuworks@yahoo.co.jp

でも、同様にお申し込みを承ります。


二度と再び繰り返さないために、戦争を語り継いで行くことが、今を生きる私たちのつとめです。

終戦から65年を経たこの夏、遠くなる記憶のなかで、今一度平和への願いを込めて、このミュージカルを伝えます。


たくさんのご連絡をお待ちしております。


ぜひ、観てください。



↓キャストなど、詳しい情報は、

ミュージカル座『ひめゆり』公演情報

携帯の方はコチラ↓

携帯:ミュージカル座『ひめゆり』公演情報


お待ちしております。


佐野信輔

桜の、森じゃないけど満開の下。

DSC02760.jpg

やっと・・、なのか。暖かく、しかしやはり夜は寒い。

いかがおすごしでしょうか?


ひと月もしたら、そろそろゴールデンウィークですね。・・ですよね?

世の中の休日にうといので。


ここのところは、

劇団にて楽器練習。サキソフォン。

劇団にてレッスンにゲスト参加。レチタティーボ。


そして、『ひめゆり』予習ね。・・復習か??


顔合わせが待ち遠しい。

岡さん、知念ちゃん、優一くん。・・はやくうちの稽古場で再開したいものです。


『ひめゆり』は『ミス・サイゴン』や『レ・ミゼラブル』と同じポップオペラ。

歌にまみれた夏になりそうです。


昨年のこの時期は・・『ビューティフル・サンデイ』か。

はやいなあぁ・・。


ストレートも、また演りたいですね。

これ、演ってほしい!!という作品があれば、ぜひご一報をw


古典がいいな。名作劇場みたいなユニット・・。ステキ。


しかし、新しいことも始めなきゃな。・・と、桜をバックに想うのでした。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。